最近よく聞くファスティングの方法とは?|飲み物で無理なくできる

正しい断食で健やかに

飲み物

準備期から断食へ

ファスティングの方法としての流れは、準備期から開始して断食へ、そのあとで回復期に入るステップを順序正しく踏むことです。急に始めるのではなくファスティングは、準備期間を必要とします。体調を整える必要がありますし、胃腸も良い状態にするためにも、準備期間は大事です。準備期のポイントは、数日の食事は和食メインとして、腹八分を目安にします。流し込むように食べるのではなく、咀嚼回数を増やしてゆっくりと食事をします。夕食は20時までには終わらせて、夜の飲み物である飲酒もお休みすることです。準備期間を通過したら、ファスティングの本番に入ります。固形物の食事は一切絶ち、飲み物の酵素ドリンクは推奨量を守り正しく飲みます。口にするのは酵素ドリンクと水分のみ、そのためできるだけこまめに、飲み物はミネラルウオーターや白湯などの、水分を飲むようにすることです。普段は意識してはいないものの、いつもの食事で食べるパンや白米にも、水分が含まれています。ファスティング期間中はこれらの固形物は口にしないため、自然に水分量は減ることとなり、脱水症状になることも考えられます。そうしたリスクを回避するためにも、飲み物は水や白湯などのシンプルな水分補給を、1日をかけてこまめに行うことです。適度な運動を取り入れることで、体内活動をより活性化させることになります。たくさんの発汗を伴うハードなスポーツではなく、軽いウォーキングや、ストレッチなどは向いている運動です。回復期に入ったらお粥や重湯といった、できるだけ消化の良い食べ物からはじめます。